冬の乾燥について

冬は乾燥の季節!みたいな事を天気予報などでよく聞きますよね。

 

皆さんの認識もそうなのではないでしょうか?

 

 

私も冬は乾燥に気を付けて、室内に加湿器をつけたり、ハンドクリームを塗ったり、肌も白くなって粉吹きしたりするので保湿には気を使っている季節でもあります。

 

肌が乾燥すると粉吹きだけではなくニキビや肌荒れなど肌トラブルの原因にもなりかねません。

 

冬は乾燥をするものとして、予防や対策をしていると思います。

 

 

そもそもなぜ冬には空気が乾燥してしまうのでしょうか?

 

色々と調べた所、冬でも乾燥をしない地域もあることがわかりました。

 

乾燥をする地域と乾燥がしない地域があるのはなぜなのでしょうか?

 

冬に空気が乾燥してしまう原因や乾燥する・しない地域についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

冬の季節に乾燥する地域・しない地域があるのはなぜ?

 

冬に空気が乾燥するのは日本の地形に深い関係があります。

 

 

冬になるとシベリアの湿った冷たい風が北から南、つまり日本海側からやってきます。

 

この風は元々かなりの水分を含んでいて、冬の冷たい風にさらされることで雪に変わります。

 

日本海側によく雪が降るのはこのような原因があるからなのです。

 

そして山などを越え太平洋に抜けるころには風は水分が抜けた状態なので、太平洋側では乾燥した風に変わるのです。

 

冬の季節に乾燥しやすい地域は日本の南側・太平洋側だということです。

 

日本海側では乾燥する地域は少ないのです。

 

夏は日本全体がジメジメする?!

 

日本の夏は世界的に見て湿度が高くジメジメしていると言われています。

 

 

夏は暑いうえに湿度が高いので普通に生活していても過ごしづらいですよね。

 

冬に乾燥する地域とそうでない地域があるように、夏にもジメジメしない地域とそうでない地域があるのでしょうか?

 

こんな疑問が沸いてくるのは当然だと思いますが、夏はまた違います。夏になると南から暖かく湿った風が吹いてきます。

 

そのまま北へ行くことはなく、暖かく湿った風が日本全体を覆ってしまうのです。

 

また、夏になると台風もよく通ります。

 

台風がもたらす大雨が大地を濡らし、夏の暑い気温で蒸発して空気中に水分が充満することも夏の湿度があがる原因だと言われています。

 

 

冬には太平洋側と南側が乾燥しやすく、夏は日本全体がジメジメします。

 

大事なお肌を守ろうと思ったら、季節や地域に合わせたケアが必要になって来るんですね。

 

 

関連ページ

 

わらびはだの口コミや評判【見れば納得】効果が無いのはこんな人!?

TOPへ