冬が旬の食べ物で美肌?

乾燥肌には厳しい季節『冬』

 

普段、肌トラブルが起こらない人でも冬のシーズンは、乾燥による肌のツッパリや粉吹きなどの症状に悩む人が増えるのではないでしょうか?

 

 

美肌を目指すには日ごろのスキンケアはもちろんですが、毎日食べている食事からも気を付けなければなりません。

 

今回は冬が旬な食べ物で乾燥に負けない美肌作りを目指してみましょう!

 

白菜

 

 

冬と言ったらやっぱり鍋ですよね。

 

鍋に欠かせない白菜には美肌作りに最適なビタミンCや、むくみ解消に効果的なカリウムが豊富に含まれています。

 

しかしビタミンCは熱に弱く、加熱してしまうと流れ出てしまう性質の為、お鍋で食べる時はお汁も一緒に飲むと効率よく摂取できます。

 

また、食物繊維もたくさん摂れるため、お通じが良くなり、便秘解消に効果的です。便秘解消で肌トラブルを予防することも美肌作りには大事なことです。

 

ブリ

 

 

良く脂ののったブリ、美味しいですよね!ブリは高級魚としてなかなか食べられませんでしたが、近年はブリの水揚げ量が増えて食卓に気軽にブリを並べる事が出来るようになってきました。

 

このブリには「EPA」や「DHA」などといったオメガ3必須脂肪酸が豊富に含まれています。
必須脂肪酸は人間の体内で生成することの出来ない成分の1つなので、口から摂取するしかないのです。

 

生活習慣病の予防や血行促進に効果が高く、ニキビや肌荒れなどの炎症を予防・アレルギーの抑制に効果が期待できます。

 

また、鉄分も豊富なので冷えや貧血予防に効果があります。

 

牡蠣

 

 

別名「海のミルク」ともいわれる牡蠣はその名の通り、栄養価の高い食べ物として有名です。

 

牡蠣の持つ豊富な亜鉛には細胞分裂を活発化し皮膚の再生を促す効果が期待できます。

 

肌荒れの改善・シミしわの予防・エイジングケアに高い効果が期待できます。

 

また、亜鉛には女性ホルモン生成にも大きな働きがあるため、ハリのある柔らかい肌作りに効果的です。

 

アミノ酸ビタミンB群も豊富に含まれているので、皮脂の過剰分泌を抑制してくれる働きもあります。

 

まさに栄養素の宝庫であるのが牡蠣です。

 

しかし、残念なことに牡蠣に含まれる亜鉛は体への吸収も悪く、せっかく摂取しても体外へ排出されやすい成分です。

 

亜鉛の吸収を助けてくれるクエン酸やビタミンCと一緒に摂るとより効果的に摂取できるでしょう。

 

かぼちゃ

 

 

かぼちゃには豊富なビタミン食物繊維がたくさん含まれています。

 

また、体内の余分な水分を排出してくれるカリウムも豊富に含まれている為、むくみ防止にとても効果が高い食材です。

 

かぼちゃに含まれているβカロテンには粘膜を保護してくれる働きがあるので眼精疲労や呼吸器や消化器をを強くしてくれます。

 

また、βカロテンは体内に入ると体内で必要な分だけビタミンAに変わり免疫力を高めてくれる効果が期待できます。

TOPへ