敏感肌に効果的な食材について

敏感肌だと体調とか環境の変化で肌がかさついたり、べたついたりと苦労が絶えませんよね。

 

 

市販の対策用品を使う前に食べ物で対策してみたいと思いませんか?

 

こちらでは敏感肌に効果的食材や成分を紹介します。食でバランスの良い肌を目指しましょう。

 

敏感肌に効果的な成分

敏感肌対策に特におすすめな成分としてはバリア機能や代謝を上げる成分になります。

 

  • セラミド
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • D-アミノ酸
  • ローヤルゼリー

特におすすめの成分はこの5つの成分になります。

 

セラミド

セラミドは肌細胞の隙間で水分や油分のつなぎの役割をして、乾燥等から肌を守る優れた保湿成分です。

 

肌の細胞間脂質の約半分がセラミドで出来ていて、バリア機能に大切な成分です。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は脂肪の代謝や細胞が再生するのを助ける働きがあり、皮膚や粘膜などに影響する成分です。

 

食事で摂った栄養素をエネルギーに役割がある為、活力や疲労回復にも関係してきます。

 

ビタミンB6

ビタミンB6はたんぱく質とアミノ酸の合成に係る成分で、皮膚・髪・粘膜・歯などの健康を保つ役割があります。

 

皮膚の代謝を良くして肌にハリやツヤを与える作用もあります。

 

D-アミノ酸

D-アミノ酸はコラーゲンの生産を促進して、肌にハリやツヤを与える作用があります。

 

肌の酸化を抑制して肌機能の低下を防ぎます。

 

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには40種類以上もの成分が含まれていて、その効果効能はあげればキリがないほど様々です。

  • 酸化抑制によるエイジングケア
  • 睡眠のリズムを良くする
  • シミやシワを防ぐ
  • ホルモンバランス正常化によってストレス軽減
  • 生活習慣病対策

など他にもたくさんの効果効能がある優れた成分です。

 

 

敏感肌に特におすすめなこの5つの成分が摂れる食材を見ていきましょう。

 

敏感肌に効果的な食材

  • トマト
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • アボカド
  • バナナ
  • 牛レバー
  • まぐろ
  • ささみ
  • 納豆
  • チーズ
  • がんもどき
  • 牛乳

以上が敏感肌に特におすすめな食材になります。

 

セラミドをしっかり補給

 

セラミドは敏感肌の方に必要な「バリア機能」を高める成分です。

 

このセラミドを摂るにはブロッコリートウモロコシがおすすめです。

 

トウモロコシは茹でると成分が溶け出してしまうので、ラップにくるんでレンジでチンして食べるようにしてください。

 

 

D-アミノ酸を摂るには

 

肌のバリア機能や保湿力を高めてくれるD-アミノ酸を摂るには、納豆ヨーグルトチーズなどの発酵食品やトマトバナナアボカド等からも摂る事が出来ます。

ビタミンB2・B6を摂るには

 

ビタミンB2は納豆レバー牛乳に含まれています。

 

ビタミンB6はまぐろささみバナナからも摂ることができます。

 

 

万能なローヤルゼリーはコンビニでも売っている栄養ドリンクなどで摂る事が出来ます。

 

 

敏感肌が気になる方はこのような食材や飲み物を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

食から改善して環境や体調の変化にも強い肌を手に入れたいですね。

 

 

関連ページ

 

潤い+肌のザラザラやぽつぽつもケア出来るオールインワンジェル
わらびはだの効果【朗報】首イボケア以外にもこんな意外な効果が!

 

わらびはだの販売店は?店舗で買える?お店ごとの最安値を調査!

TOPへ